中山・辻法律事務所

ブログ

北海道へ行ってきました。    中山信義

 2月上旬に札幌とその周辺に行ってきました。同業者の親睦の旅行で総勢50名弱でした。
 初日は、札幌市内の見学で、開催間近の雪まつり会場となっている大通り公園を歩きました。一部完成していたものの、最後の追い込みよろしく、大勢の方が作業に従事していました。

 ただ、見学した日は、寒波が到来しており、時折吹雪き、気温もマイナス8度近い状況で、北海道での冬の厳しさを少し実感しました。
 翌日は、いくつかのグループに分かれて行動しました。私は、旭山動物園に参加するコースを選びました。なぜ人気があるのかが最大の関心事でした。ただし、数日前からの寒波で、旭川へ行く高速道路が通行止めとなったため、バスではなく、急遽JRで行くことになりました。人気のペンギンパレードを見学
した後、一緒に行った仲間とはぐれたため、園内をマイペースで回りました。
 途中で、園長の手書きのメッセージを見つけました。そこには園のポリシ
した後、一緒に行った仲間とはぐれたため、園内をマイペースで回りました。
 途中で、園長の手書きのメッセージを見つけました。そこには園のポリシーが具体的にに述べられていました。何が書かれていたかは、誤ってお伝えするのも心苦しいことですし、実際に足を運んで確認いただくのが一番ですのであえて書きませんが、他の動物園と比べても小規模であり、動物もそれほど種類も数も多くない中、なぜ人気があるのか、その一端が判った気がしました。また、当日は、春慶節と重なり、中国人の家族連を多く見かけ、動物園が外国にも知れ渡っているようでした。
 3日目は、大倉山シャンツェで、NHK杯のジャンプを見学しました。

 迫力があったものの、オリンピック間近なためかオリンピック参加選手を見ることができず、少し残念でした。最後に、有名なラーメン店

で長い列を待って美味しいラーメンを食べて帰ってきました。
 冬の北海道は経験がなく、雪や寒さの予想以上の厳しさを実感するとともに、多くの刺激を受けた楽しい旅行となりました。

初回
無料相談

電話

052-953
-8747

お問合せ

お問合せ