中山・辻法律事務所

ブログ

山焼き、野焼き、ぼた焼き

 2月3日に、地元で言うところの、ぼた焼きに始めて参加してきました。山焼きとか畑焼き、野焼きとも言います。山の斜面や、田、畑のあぜ道、のり面の枯れ草を焼く、まだ新芽の少ない立春の頃、農業地域で行われる行事です。 今は、火災の危険や二酸化炭素等の発生などのことを考え、勝手には出来ず、私の住む地域では消防署からの許可を得て年一度行われているようです。昨年末に父親が亡くなったので、かわりに参加することになった次第です。
 あいにく2月2日の午前中まで雨が降っていたこともあり、少し燃えにくく、直ぐ消えてしまうこともしばしばで皆さん苦労されていました。それでも南斜面の日当たりの良い場所は火のつき具合も良く、怖いぐらいに炎が立ち上がり、北風に煽られて風下に向かって勢いよく燃えていきました。念のため消防車が待機していましたが、私以外の参加者は毎年参加しているベテランの方ばかりで、要領よく、かつ、危険を避けて作業をされておられ昼頃には予定していた範囲をやり終えました。参加しただけで何も働かなかったにもかかわらず、御礼としてお菓子と飲み物などをいただき帰ってきました。
   山焼きの 炎で去年(こぞ)を 消してゆく                                      中山信義

初回
無料相談

電話

052-953
-8747

お問合せ

お問合せ